立腰教育「姿勢と健康」講座終了

生目台東小学校、学校保健委員会の講座が終わりました。

約30名のご参加ありがとうございました。

講座恒例の「首はどこ?肩はどこ?腕の付け根は?」の質問から、土踏まずの能力テスト。

赤ちゃんに戻って、寝返りにハイハイなどフルコースの2時間があっという間でした。

講座後も熱心にたくさんの質問をいただき、ご参加のみなさまがたの健康に対する意欲が感じられる充実した時間でした。

「姿勢とは私たちが重力に逆らい、生活運動をするために必要な3歳までに身につけた運動神経。」

立腰はただ腰骨を立て、背筋を伸ばせばいいという単純なものではないという事。そして、10代の子供達にも忍び寄る現代病「ロコモティブシンドロームの危機」など、家族の健康を預かる母親として身につけてほしい知識も勉強しました。

私は立腰教育を10年行っていますが、私の周りにも食育やセルフケア、トレーニングを教育の場に広げ続けている頼もしい仲間が大勢います。

彼らの情報をもっと地域の皆様に知っていただくために、地域の健康情報サイトを7月より立ち上げます。

詳しい告知はまた別の場で。

教育関係者の皆様、ご父兄の皆様。講座で学んだ事をしっかりと現場や家庭で役立ててくださいね。

詳しい講座の内容については近日ebookにて紹介いたします。

20160618100821

関連記事

PAGE TOP