施術のためのトレーニング

こんにちは。天狗の手です。求人へのご応募ありがとうございます。
面接に来てくださった方々から「面白そう。早く学びたい!」と嬉しい声を頂いています。
天狗の手の面接にはできる限りラフな格好で来てくださいとお願いしています。
そして、研修を受けることが決まったら研修スタートまでに宿題が出ます。
筋膜リリースは自分のカラダを思い通りに操れることが必須。

今回はある研修の1日。
研修内容は新サービスである肋骨の施術に必要な「張り付く力の強化」。
肋骨全体に張り付くためには自分の肋骨も安定していないといけません。
まずはテスト。
肩の力を抜いて座ってもらい、肋骨を強めに押します。

IMG_1437私たちは普段から深い呼吸ができていません。横隔膜の働きが悪く、腹圧が弱いため押されるとふにゃふにゃと後ろに倒れます。

では、トレーニング。両手の指を組み、脇を締め、上腕と組んだ指をぐっと下に下げます。IMG_1439IMG_1442そのままもう一度強く押してもらいます。IMG_1446すると今度は安定していて動きません。上腕を下げることで横隔膜が下がり、腹圧がかかるため体幹が安定するからです。

では、しばらく続けてもらい、今度は腕もリラックスしてもう一度。

IMG_1449手を外しても肋骨は安定したままです。この安定力があって初めて張り付き強化が可能になります。

天狗の手の技術習得には運動神経向上が必須。

ご興味のある方、ぜひ一緒に働きませんか。

詳しくはこちら

https://townwork.net/detail/clc_3550664001/

 

こちらへ面接に来てくださった方。

上腕の分節運動の宿題をもらって研修に備えます。

皆さんもやってみてください。手を伸ばし、手のひらを壁に向けます。

バイバイにならないように肘だけを回旋させます。

IMG_1463-2はじめは壁に手のひらをつけてやってくださいね。

筋膜リリース上達に向けて。スタッフ一同頑張ります。

関連記事

PAGE TOP