筋膜リリース研修 肩こり完全脱却に向けて

こんにちは天狗の手です。

本日も研修の様子から。8月から始まる新技術の目標は、肩こり腰痛膝の痛みを完全に取り切ること。

緊張しすぎた筋肉、癒着歴の長い筋膜は張りを失いまるで干からびた干しぶどうのように縮まって固まっています。

それすらも放っておくとストレッチに対して反応も見せず、低反発の枕のように張力を失い、重だるい荷物のような存在になってしまいます。

新コースではこれらの筋膜筋肉に徹底してアプローチし、少ない回数で痛みを取り切ることを目的としています。

そのためには体の使い方のレベルを上げる必要があります。

深部組織の筋膜リリースには主に、前回説明した「把持(はじ)」してストレッチをかける技術と捉えて「ストローク」(筋組織に方向に合わせてストレッチをかける)技術と圧で押す「押圧」という技術があります。

このストロークに押圧を加える高等技術の練習。

マッサージの押圧は「押して圧力を加える」「体重をかける」やり方ですが、筋膜リリースは押したり体重をかけてはいけません。

体幹で発生した力をコンタクトした指や肘に伝え、圧だけを組織に加えてリリースしていきます。

これを行いながらストロークをかけることで、深部の筋膜をより確実に捉えることができます。ただ、難しい!

IMG_1790

押圧に意識を向けすぎるとストロークの際に押してしまう。ストロークのことばかり考えていると深部に届かない。

すると、頭の中が手順でいっぱいになって筋膜への命令イメージが滞る!脱力も忘れないように!

IMG_1794

腕の良い施術者は施術が丁寧です。

丁寧とは「手順が多く」「早い」こと。たくさんの手順をリズムに乗り手早く行うことで、なめらかで効果的な施術になります。

手順に振り回されないようになるまで練習練習また練習。

理論研修も含め、8月に向けて全力で頑張っております!

IMG_1797

関連記事

PAGE TOP