ラン宮 筋膜リリースサポート報告

今日は天狗の手です。

天狗の手では綾、青島太平洋と続くマラソン大会に向けてランナーの皆様をサポートしています。

本日はそのサポート風景から。

日曜日に2回目をむかえたラン宮朝練サポート。

筋膜リリースで筋出力を上げ、パフォーマンスアップなるか。

今回のレポートは会長から。

ニックネームはふーちゃん。66歳男性。
年間5〜8大会出場
20km前後から膝周りがだるく、重くなる。
10年前から痛み出す。
膝周りを改善したい。
1回目
特に膝下を中心にリリースを行います。
今回リリースを行うのは以下の通り。
%e7%ad%8b%e8%86%9c%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0膝下は二本の骨で構成されており、土踏まずを構成し、膝を支えるための筋肉がたくさん付いています。
この筋膜をしっかりとリリース。
img_2431

リリース後ランニングへ。足運びが軽くなったとの感想が。

2回目は1回目と比較し、足首の可動域が広がっていることをセラピストも実感。
ただし、まだ膝関節のカバーである関節包の硬さが気にかかります。
本人の感想は10km走っても膝まわりのだるい感じが薄れてきた、とのこと。


大会まで様子を見ていきます。
次回は腰。
ランナーが抱える腰痛の正体を見ていきましょう。
img_2425 img_2430 img_2432

関連記事

PAGE TOP