なぜゴルフで左首、肩が痛くなる 総まとめ

ゴルフは右利きの場合、左手が軸になります。

肘下の前腕には指を握る為の筋肉が付いています。

最後に左首。

 

筋肉を関節と繋ぐ腱は、筋膜が変化したもの。

クラブを握る事で前腕の筋肉は張り、肘に繋がる腱にも負担がかかっています。

 

筋肉は筋膜というカバーをつけています。

クラブを握りしめ、使いすぎた前腕のカバーは、ケアをしないと捻れて癒着を起こします。

そして、ひじの腱まで引っ張ります。

 

筋肉と同じように関節にもカバーがあります。

筋膜が癒着を起こすと、関節のカバーである関節包も引っ張られて固くなります。

 

ゴルフではショットの際、首が振られないように安定させなければなりません。

この時に、左奥歯にグッと力が入ります。ゴルファーの方々の左の顎関節はとても緊張しています。

これが左首の痛みの原因となります。

関連記事

PAGE TOP